ブログ主の自己紹介 Part3


ブログ主の自己紹介 Part2 の続き。

 

そんな風に病みながらも、もちろん文句を言うだけでなく、面談の度に「どこの国でも行きます!!!!海外に行きたいです!!!」という謎の体育会バリの気合いを見せ、人事にも常にアピールしていました。

 

しかし結果的に「女性を海外として出すのは難しい」という日本企業アルアルな理由で、海外に行くには難しいということらしい。

 

そこで、残念だけども、この会社を去ると決心。

ここがまた人生のターニングポイント。

 

そこから、海外に行くための方法を躍起になって探し始める。

・大学院留学?

・海外就職?

・外交官試験?

・青年海外協力隊?

・在外公館派遣員?

・国連職員?

 

どれを選んで良いのか全くわからないので、とりあえず上記全てことに関するリサーチを開始。

 

ネットで調べることはもちろん、説明会や関連イベントには片っ端から全部参加。

まだ「社会のレールを外れる」(=会社を辞める)ことに大きな抵抗があったけども、次に行きたい一心で、既に「社会のレールを外れた人たち」の体験談や励ましの言葉をかき集めては毎日毎日読んで、自分を励ましていました。「私は一人じゃない」と。

 

会う人会う人にどうしたら良いか聞きまくるくらい迷いに迷った結果、大学院に留学することを決意。

 

アメリカ、ヨーロッパ、アジア。。。ここでも、どこの国にするか迷いに迷った結果、(そう、この時期は常に迷ってましたw いろんなことに迷い過ぎて急性胃腸炎にw)、「卒業後現地で就職したいなら、シンガポールとか良いんじゃない?」という留学カウンセラーの一言で、とりあえずシンガポールにある大学にキャンパス見学に行くことに。

 

 

そこで、

 

「あ、ここだ」

 

と天からのインスピレーションが降ってきました。

これが、私がシンガポールに居着くことになった、全ての始まりでした。

 

 

朝5時に起きてカフェに行って勉強し、仕事に行き、仕事後そのまま即勉強開始して1時就寝 という超スパルタ生活を1年近く続けて、晴れて合格しました。(今は基本8時間睡眠なので、同じ人だと思えませんw)

 

 

シンガポールの大学院に行ってからは、本当に本当に「Life changing」な毎日で、あまりにもいろんなことがあったのですが、全てかくと自己紹介⑤くらいまでいきそうなので、割愛w

 

 

クラスメートにはムスリムも多くいて、私にとってムスリムという存在がものすごく身近になりました。

 

学校卒業後にシンガポール現地で働くことになり、ただやはり心のどこかで「自分で何かビジネスをやりたいな」と長い間思っていました。

 

その後、今の彼氏?フィアンセ?にあたる人と出会い、たまたまその人がムスリムで、何となくこの縁を生かして何かできないかな?と思っていたところで思いつき出会ったのが今のKimono Hijabです。

 

いろんな紆余曲折があってシンガポールに行き着き、始めることになったKimono Hijab。

Kimono Hijabについての詳細は、今後別記事で書いていきます。

 

まだまだ成長段階ですが、Kimono Hijabの成長をみなさんに共有することが、今後みなさんの役に立って行けば良いなと心から思っています。

 

これからよろしくお願いします。(結局大事な最後の部分がかなり手抜きになりましたがw、追い追い書いていきます。)

LINEで送る
Pocket


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ