3分でわかる!イスラム教超基礎知識 


みなさん、こんにちは!

 

今回は、そもそも「イスラムって?」というところを含めた、イスラム基礎知識を紹介します!

 

イスラム教の基礎を3分間でわかるようにまとめてみましたので、

「イスラムってよくわからない、、、」と感じていらっしゃる皆様も、ぜひ気軽に読み進めてみてください!

 

「イスラム」の意味は?「神への絶対的帰依」!

実はアラビア語の「イスラム」とは、「神への絶対的帰依」という意味です。ですので、「教」という言葉をつけなくても宗教の意味を持っています。

 

なので、実は「イスラム教」は宗教名としては正しくなく、正式な宗教名は「イスラーム」なんです。

 

イスラームは一神教!

イスラームは、ユダヤ教やキリスト教と同じく、一神教です。一神教とは、ただ一つの神的存在を信仰する宗教です。つまり、神は唯一で、他に神は存在しません。

 

一神教の逆が、多神教です。日本の神道は代表的な多神教です。「八百万の神」などと言われ、たくさんの神が存在します。

(海外の友人に「日本人は米粒にも、トイレにも神様がいるって信じてるんだよ!」という話をすると、ものすごく驚かれますw)

 

 

イスラームの神とは?ユダヤ教やキリスト教と同じ唯一神!

実は、イスラームで信仰されている神は、ユダヤ教やキリスト教と同じなんです。

 

アラビア語では神のことを「アッラーフ(アッラー)」と呼びます。これは、キリスト教における「神」(="The God")、ユダヤ教におけるヤハウェと全く同じ意味です。

呼び方が違うだけで、ユダヤ教もキリスト教もイスラームも同じ「神」を信仰しています。

 

 

イスラームの開祖は?大商人ハーシム家のムハンマド!

イスラームの開祖は、ムハンマドという人物です。

 

彼は、メッカのクライシュ族の大商人ハーシム家に生まれました。

40歳頃、ヒラー山で瞑想をしていたところ、大天使ジブリール(ユダヤ教・キリスト教の大天使ガブリエル)が現れ、彼に神の言葉を伝えたとされます。

 

ムハンマドは神の使いとなり、神の言葉を世に伝える預言者となることを決意しました。

 

彼は、それまでメッカのカーバ神殿で信仰されていた多神教の神を、ユダヤ教やキリスト教の神と同じ唯一神として捉え直し、唯一神を崇拝し恩寵に感謝し、神の教えに従った生き方を説くイスラームを創始しました。

 

 

イスラームの聖典は?クルアーン(コーラン)だけじゃない!

イスラームの聖典で代表的なものは、『クルアーン』です。

日本では「コーラン」と呼ばれますが、正しい発音は実は『クルアーン』です。

 

これは、預言者ムハンマドが天使から受け取った神の言葉を元にまとめられているとされます。「クルアーン」とは、「詠唱すべきもの」という意味です。

 

実はユダヤ教の『旧約聖書』、キリスト教の『新約聖書』もイスラームの聖典に含まれています。

 

これらはまとめて「啓典」と呼ばれ、ユダヤ教徒やキリスト教徒は「啓典の民」と呼ばれます。啓典の民は、イスラム国家の中でも税金を払うことで信仰を許されました。

 

 

他の宗教との関係は?他の宗教との共存を目指す平和的なイスラーム

なんとなく厳しい!というイメージがあるイスラム教ですが、実はイスラームは他宗教に寛容で、他宗教を認めています。

 

例えば、ユダヤ教の預言者モーセ、キリスト教の預言者イエスは、ムハンマドと同じくそれぞれ唯一神の言葉を世に広めた預言者とイスラームでは考えられています。

 

つまり、「みんな同じ神を信仰しているけれど、神の言葉を伝えた人がたまたま違っていた」という考え方です。

 

東京大学名誉教授の板垣雄三さんは次のように表現しています。

 

イスラームは、「神」がこれまでにn人の預言者を遣わし、n個の聖典とn個の宗教を世界にもたらしたと考えます。イスラームが新しい宗教と出会うたびに、nの値が増えていきます。そしてnの最後の値は常にムハンマド・クルアーン・イスラームなのです。

 

まとめ

・イスラームは「神への絶対帰依」を意味する一神教

・開祖は預言者ムハンマドです

・イスラームは『クルアーン』を聖典とする

・しかし、他宗教の預言者・他宗教の聖典・他宗教も認めており、他宗教との共存を目指した平和的宗教

 

 

LINEで送る
Pocket


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ