イスラム教徒の男性はなぜヒゲを生やすのか?


こんにちは!

 

イスラム教徒の男性 と聞いて、みなさん、どんな人を思い浮かべるでしょうか?

おそらく、ターバンを巻いて、ヒゲを生やしている男性を想像する人が多いのではないでしょうか?

 

しかし!「ムスリムが全員ヒゲを生やしている」

 

と思っている方がいたら、それは偏見です(笑)

 

それは、海外の人は「日本人は全員Kimonoを着ている」と勘違いしているのと同じことです(笑)

 

とは言ってもやはり、イスラム圏の男性は、ヒゲを伸ばしている人が多いことは確かです。

 

それはなぜでしょうか?今回は、イスラム圏の男性が髭を伸ばしている理由に迫りたいと思います!

 

イスラム圏の男性がヒゲを伸ばす理由は?

イスラム圏では、男性はヒゲを生やしていると一人前と認められるという風習が強いようです。

逆に言えば、ヒゲを生やしていない男性は一人前として認められない、ということになります。

 

なぜ、そんな風習が生まれたのでしょうか?

 

その起源と考えられるのが、コーランの次に重要とされている書物、『ハディース』です。

『ハディース』預言者ムハンマドの言行をまとめたものですが、その中で、ムハンマド自身が髭を伸ばしていたという記述があります。

 

また、『ハディース』の中に、「口髭を刈り、顎髭を伸ばすこと」と書かれており、これら『ハディース』の記述が起源であると考えられます。

 

しかし、ヒゲに関しては厳格な戒律にはなっておらず、あくまで習慣として定着しています。

 

ヒゲを伸ばさないムスリムも?国によって違いがある!

中東では一般的に、ヒゲは男らしさの象徴であるため、ヒゲを伸ばしている男性が多いです。

しかし、欧米と同じようなライフスタイルを送っている国々では、ヒゲを伸ばさない男性も増えてきています。

 

トルコやエジプト、インドネシアなどは世俗主義(政教分離=政治と宗教を分ける、信教の自由などを大切にする考え方)の国々です。

歴代の国家元首の中にも、ヒゲを伸ばしていない人物が見られます。

 

私が住んでいる国、シンガポールも世俗主義であるため、特に「ヒゲ」を意識していません。

そもそも、彼氏はヒゲを生やしたくても生やせないそうです(笑)

 

 

政教一致(宗教と政治を一体化させた仕組み)の国であるサウジアラビアやイランでは、基本的に男性はヒゲを伸ばしているとされます。

イランでは、イラン革命の際、ヒゲが政治的な立場を象徴していたと言われています。顎髭を伸ばしていると保守的なムスリム、口髭を伸ばしていると初代大統領の支持者、ヒゲを剃っている者は西欧主義者、といった具合です。

 

まとめ

・イスラム圏の男性がヒゲを伸ばしているのは、『ハディース』にムハンマドがヒゲを伸ばしていた記述があったことが大きく影響している

・ヒゲは男性の象徴とされ、ヒゲがあることで一人前の男性として認められるという風習になっている

・しかし、政教分離が進み、欧米式のライフスタイルに近い国々では、ヒゲを伸ばさない男性も増えてきている

LINEで送る
Pocket


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ